ベンチャー企業

会計士のベンチャー企業への転職とおすすめの転職エージェント

若手会計士が監査法人を飛び出してベンチャー企業に転職するケースが増えていますが、今回は会計士がベンチャー企業に転職する方法とおすすめの転職エージェントをまとめました。会計士がベンチャー企業に転職する場合には大きく分けてリファラル採用と転職エージェント経由での転職があります。
ベンチャー企業

公認会計士がベンチャー企業にIPO目指し転職する場合に注意すべきこと

最近、監査法人の若手にキャリアとして人気なのが、ベンチャー企業に経理マネージャーや経営企画マネージャー、CFO等の役員として転職するキャリアです。今回は、転職を後悔しないためにも公認会計士がベンチャー企業にIPOを目指してCFOやマネージャーとして転職する場合に知っておくべきことをまとめました。
監査法人

監査法人を辞めて事業会社へ転職した会計士が後悔する転職失敗例

監査法人を監査に飽きた、もっとやりがいのある仕事をしてみたいという理由で転職してみたものの、こんなはずではなかった…と後悔している方も一定数存在します。今回は、監査法人を辞めて後悔している方に向けて監査法人を辞めた会計士が主に事業会社へ転職して後悔する転職失敗例と失敗しない転職をするために重要なことをまとめました。
監査法人

非常勤会計士の方が稼げる?監査法人の非常勤と常勤を比較してみた 

人手不足を受けて非常勤勤務の会計士の時給もあがっており、非常勤で監査をしながら独立する方も増えています。今回は非常勤勤務の会計士と監査法人の常勤の会計士を報酬・ワークライフバランス・キャリアの観点から比較し、どのように非常勤の案件を探すのかまとめてみました。
会計士試験予備校

公認会計士試験のおすすめの専門学校・予備校 TAC・大原を徹底比較

公認会計士試験は範囲が膨大で独学で合格することは非常に困難といえる。公認会計士試験の専門学校にはどのような選択肢があり、どこが1番いいのか。TAC、大原、東京CPA等について授業・テキストの質、サポート体制、費用の観点で比較してみた。これから公認会計士を目指して専門学校を選ぶ方の参考になれば幸いだ。
投資ファンド

会計士が投資ファンド(PEファンド・ベンチャーキャピタル)へ転職するためには?

監査法人等から公認会計士が転職する場合、監査法人からの転職で給与が上がると見込まれる転職先の一つが投資ファンドです。今回は投資ファンドへの転職についてPEファンドとは何か、給料はどの程度か、転職するにはどのような経験が求められているのか書いてみました。
会計士の資産形成

インサイダー規制がある監査法人勤務の会計士ができる資産運用

監査法人勤務の会計士は大手事業会社勤務のサラリーマンに比べると給料が高い反面、パートナーになれない限りは退職金や年金の面で不安があり、資産運用等を通じて資産形成をしておく必要があるかと思います。今回は、インサイダー規制や独立性の関係で悩むこともある会計士の資産運用事情について取り上げました。
監査法人

中小監査法人に就職・転職するメリットとデメリットをまとめてみたよ

中堅監査法人の一覧、中堅監査法人へ就職・転職するメリット・デメリット、給料をまとめてみました。中堅監査法人から大手監査法人への転職を目指す方や、大手監査法人から中堅監査法人への転職を目指す方、中堅監査法人に就職する方の参考にしていただければ幸いです。
会計士登録

公認会計士開業登録の手順と会費について解説するよ

公認会計士試験合格後、2年以上の業務補助等の期間があり、3年間の実務補習を受けて日本公認会計士協会による修了考査に合格した後晴れて公認会計士として登録できることとなります。今回は公認会計士登録に必要な書類・手続き・かかる費用についてまとめました。必要な書類は下記のように18種類にもなります。
転職エージェント

【会計士転職】ビズリーチに登録してみた感想と評判

私が以前転職活動をしていたころにはなかったビズリーチというスカウトサービスにどんなものかと登録してみました。今回は実際に会計士がビズリーチを使ってみた感想と評判をまとめました。ベンチャーのCFOを目指す会計士やニッチな業界を志望する方に向いているサイトかと思います。
タイトルとURLをコピーしました