会計士転職

30代の公認会計士の転職と成功のポイント

30代の公認会計士の方で監査一筋でやってきたが、今まで監査しかやってこなくて監査に飽きてきた、今後会計士の需給が反転したときに監査経験だけだと雇用が心配な方色々いらっしゃるかと思います。30代の会計士の需要や転職理由、転職を成功させるためのポイントに触れたいと思います。
監査法人

公認会計士が転職するのに最適な年齢・タイミングは?

修了考査が終わり、公認会計士として登録したタイミングで次のキャリア・転職について考え始める方が多いですが、会計士が転職するのにベストなタイミングはいつなのか、主査を務めてからの方がいいのか、マネージャーとしてキャリアを積んでからの方がいいのか色々な考え方があるかと思います。今回は会計士の転職タイミングについて書きました。
転職エージェント

北海道で会計士が転職する場合の転職エージェント

北海道は、全国展開している大手エージェント以外だと中々北海道に拠点があるエージェントがない地域で東京に比べると転職活動がしにくい地域になります。今回は、北海道在住の会計士の方が転職活動をするのに活用できるエージェントを紹介したいと思います。
転職のノウハウ

監査法人で激務に苦しむ会計士がワークライフバランスを充実させる転職のために考えるべきこと

公認会計士登録をして、年次が上がって難しい勘定を担当するようになったり、複数の主査を担当するようになったりすると仕事が集中してきて、私生活を犠牲にして、仕事にすべてをささげていいのか、家庭のことを考えるともっといい職場があるのではないかと考える方も増えてくるのではないでしょうか。仕事と私生活を充実させるためのワークライフバランスを目指した転職だっていいんです。
転職のノウハウ

書類選考に通る公認会計士の職務経歴書の書き方

皆さんは、職務経歴書って書いたことがありますか?新卒で監査法人に就職した方は、履歴書やエントリーシートは経験があることがあるかと思いますが、転職活動が初めての方は、何を書いていいか実はよくわからない方もいるのではないでしょうか。今回は公認会計士の職務経歴書の書き方についてまとめました。
会計士転職

会計士の転職の方法と転職活動の流れ

初めての転職活動を考えている会計士の方に知っておきたい転職の基礎知識と転職の流れをまとめました。会計士の転職方法には、大きくリファレンスによる採用、自力で求人を探す方法、転職エージェントを利用する方法があり、それぞれメリット・デメリットがあります。
電卓

公認会計士試験・簿記検定におすすめ電卓

あまり電卓を使わない方は、電卓なんてそんなに差がないんじゃないの?と思う方もいるかと思います。しかし、公認会計士試験や簿記検定を受験する場合、電卓の性能が計算スピードに直結し、少しの差で合否をわけることもあります。今回は、公認会計士試験や簿記検定を受験する場合におすすめの電卓をまとめました。
外資系

【会計士転職】外資系経理・FP&Aの転職とおすすめの転職エージェント

監査法人から事業会社に転職する場合、英語力のある会計士や英語力を生かしたい、伸ばしていきたいと考えるグローバル志向のある会計士の場合、外資系企業への転職への転職も人気があります。今回は、外資系企業の経理・FP&Aの特徴を日系大手企業と比較した上で外資系企業に強いおすすめの転職エージェントをまとめました。
ベンチャー企業

会計士のベンチャー企業への転職とおすすめの転職エージェント

若手会計士が監査法人を飛び出してベンチャー企業に転職するケースが増えていますが、今回は会計士がベンチャー企業に転職する方法とおすすめの転職エージェントをまとめました。会計士がベンチャー企業に転職する場合には大きく分けてリファラル採用と転職エージェント経由での転職があります。
ベンチャー企業

会計士がベンチャー企業に転職する場合に注意すべきこと

最近、監査法人の若手に人気なのが、ベンチャー企業に管理職や役員として転職するキャリアです。今回は、転職を後悔しないためにも公認会計士がベンチャー企業に転職する場合に知っておくべきことをまとめました。ベンチャー企業に転職する場合の狙いとしては、監査法人での成長曲線が鈍ってきたので、ベンチャー企業で経験を積んで成長したいといった方やストックオプションで一山当てたいという方がいるかと思います。
タイトルとURLをコピーしました