転職のノウハウ

書類選考に通る公認会計士の職務経歴書の書き方

皆さんは、職務経歴書って書いたことがありますか?新卒で監査法人に就職した方は、履歴書やエントリーシートは経験があることがあるかと思いますが、転職活動が初めての方は、何を書いていいか実はよくわからない方もいるのではないでしょうか。今回は公認会計士の職務経歴書の書き方についてまとめました。
会計士転職

会計士の転職の方法と転職活動の流れ

初めての転職活動を考えている会計士の方に知っておきたい転職の基礎知識と転職の流れをまとめました。会計士の転職方法には、大きくリファレンスによる採用、自力で求人を探す方法、転職エージェントを利用する方法があり、それぞれメリット・デメリットがあります。
電卓

公認会計士試験・簿記検定におすすめ電卓

あまり電卓を使わない方は、電卓なんてそんなに差がないんじゃないの?と思う方もいるかと思います。しかし、公認会計士試験や簿記検定を受験する場合、電卓の性能が計算スピードに直結し、少しの差で合否をわけることもあります。今回は、公認会計士試験や簿記検定を受験する場合におすすめの電卓をまとめました。
外資系

【会計士転職】外資系経理・FP&Aの転職とおすすめの転職エージェント

監査法人から事業会社に転職する場合、英語力のある会計士や英語力を生かしたい、伸ばしていきたいと考えるグローバル志向のある会計士の場合、外資系企業への転職への転職も人気があります。今回は、外資系企業の経理・FP&Aの特徴を日系大手企業と比較した上で外資系企業に強いおすすめの転職エージェントをまとめました。
ベンチャー企業

会計士のベンチャー企業への転職とおすすめの転職エージェント

若手会計士が監査法人を飛び出してベンチャー企業に転職するケースが増えていますが、今回は会計士がベンチャー企業に転職する方法とおすすめの転職エージェントをまとめました。会計士がベンチャー企業に転職する場合には大きく分けてリファラル採用と転職エージェント経由での転職があります。
ベンチャー企業

会計士がベンチャー企業に転職する場合に注意すべきこと

最近、監査法人の若手に人気なのが、ベンチャー企業に管理職や役員として転職するキャリアです。今回は、転職を後悔しないためにも公認会計士がベンチャー企業に転職する場合に知っておくべきことをまとめました。ベンチャー企業に転職する場合の狙いとしては、監査法人での成長曲線が鈍ってきたので、ベンチャー企業で経験を積んで成長したいといった方やストックオプションで一山当てたいという方がいるかと思います。
監査法人

監査法人を辞めた会計士が後悔する転職失敗例と転職を成功させるためには

監査法人を監査に飽きた、もっとやりがいのある仕事をしてみたいという理由で転職してみたものの、こんなはずではなかった…と後悔している方も一定数存在します。今回は、監査法人を辞めて後悔している方に向けて監査法人を辞めた会計士が後悔する転職失敗例と失敗しない転職をするために重要なことをまとめました。
監査法人

非常勤会計士の方が稼げる?監査法人の非常勤と常勤を比較してみた 

人手不足を受けて非常勤勤務の会計士の時給もあがっており、非常勤で監査をしながら独立する方も増えています。今回は非常勤勤務の会計士と監査法人の常勤の会計士を報酬・ワークライフバランス・キャリアの観点から比較し、どのように非常勤の案件を探すのかまとめてみました。
会計士試験予備校

公認会計士試験のおすすめの専門学校・予備校 TAC・大原を徹底比較

公認会計士試験は範囲が膨大で独学で合格することは非常に困難といえる。公認会計士試験の専門学校にはどのような選択肢があり、どこが1番いいのか。TAC、大原、CPA等について授業・テキストの質、サポート体制、費用の観点で比較してみた。これから公認会計士を目指して専門学校を選ぶ方の参考になれば幸いだ。
投資ファンド

会計士が投資ファンド(PEファンド・ベンチャーキャピタル)へ転職するためには?

監査法人等から公認会計士が転職する場合、監査法人からの転職で給与が上がると見込まれる転職先の一つが投資ファンドです。今回は投資ファンドへの転職についてPEファンドとは何か、給料はどの程度か、転職するにはどのような経験が求められているのか書いてみました。
タイトルとURLをコピーしました