会計士試験予備校

【公認会計士予備校】大原の評判、メリット・デメリットは?

公認会計士大手予備校の1角である大原の公認会計士講座の評判について良い点、悪い点含めて取り上げた。大原の特徴として・専門学校を併設して、全国に展開しており、校舎数が多い・合格者のシェアトップ・テキストはコンパクトで答練重視といったことが挙げられる。
コンサルティング

会計士の国際財務報告基準(IFRS)関連の転職

本記事は、会計士の国際財務報告基準(IFRS)関連に転職について取り上げます。IFRS関連での経験を積むためには、主に導入アドバイザリー側、事業会社側の2つがありますが、今回はIFRS関連の転職について、IFRS導入アドバイザリー、事業会社のIFRS導入側への転職について取り上げました。
転職エージェント

会計士が転職エージェントMS-Japanを利用した感想と評判

MS-Japanは、会計士・税理士・弁護士といった士業や経理財務・人事といった管理部門に特化した転職エージェントになります。会計士がMS-Japanを実際に使った感想、評判とメリット・デメリット、ヒアリング面談の内容を取りあげました。
会計士試験予備校

【会計士予備校】クレアールの評判は?

今回は、公認会計士試験対策の専門学校を運営しているクレアールの評判を調査しました。クレアールは、公認会計士対策だけでなく、簿記検定、フィナンシャルプランナー、公務員等の講座を扱う総合資格スクールです。前身の東京商科学院を含め、資格受験指導歴50年の伝統がある資格スクールになります。
コンサルティング

会計士のフォレンジック分野の転職

会計士の転職先として、日本ではまだ多くはないですが、フォレンジックをやりたいという方も少数派ではありますが、増えてきています。今回は、フォレンジック業務、会計士のフォレンジック分野への転職、フォレンジック分野を扱っている会社があるのかについて紹介します。
転職のノウハウ

会計士は実務で英語力は必要か?

公認会計士が監査、税務、コンサル等でそれぞれの実務で必要な英語力についてまとめました。会計士の多くは、英語がそれほど得意ではない人も多く、TOEICでどうやったらそのような点を取れるのかと逆に驚くような人もいました。 それぞれ会計士のキャリア別に必要とされる英語力も変わってくると思うので、キャリア別に必要な英語力について紹介しています。
転職のノウハウ

50代の会計士の転職 年齢的に転職できるのか

50代の会計士の場合、監査法人勤めであれば、パートナーか又はシニアマネージャーの方がほとんどかと思います。昔と比べて年金額も下がっていますし、寿命が伸びていることから65歳、70歳まで働くことも考えなければなりません。今回は、50代の会計士の転職先はあるのかについて触れています。
転職エージェント

会計士の転職でおすすめの転職サイト

会計士が転職する際におすすめの転職サイトについて取り上げたいと思います。初めて転職する方の中には、転職サイトや転職エージェントって何?という方もいるかと思いますので、まずは、転職サービスには転職サイトと転職エージェントの違いについて解説します。
税理士法人

公認会計士の税理士法人への転職

公認会計士は、税理士登録すると税務もできるが、今回は、公認会計士の税理士法人への転職について触れたいと思う。公認会計士は監査法人にいる限り、さほど税務の経験を積めるわけではなく、独立やキャリアを広げるために税務を経験したいと税理士法人へ転職する方も少なからず存在する。
官公庁

公認会計士の公務員への転職

監査法人勤務の後、公務員として転職する方も少数ながらいらっしゃいます。会計士として公務員になるにはどのようなルートがあるのか、どのような転職先があるのか、待遇や魅力はあるのかみていきたいと思います。
タイトルとURLをコピーしました