転職のノウハウ

会計士の実務で英語力は必要か?

公認会計士が監査、税務、コンサル等でそれぞれの実務で必要な英語力についてまとめました。会計士の多くは、英語がそれほど得意ではない人も多く、TOEICでどうやったらそのような点を取れるのかと逆に驚くような人もいました。 それぞれ会計士のキャリア別に必要とされる英語力も変わってくると思うので、キャリア別に必要な英語力について紹介しています。
転職のノウハウ

50代の会計士の転職 年齢的に転職できるのか

50代の会計士の場合、監査法人勤めであれば、パートナーか又はシニアマネージャーの方がほとんどかと思います。昔と比べて年金額も下がっていますし、寿命が伸びていることから65歳、70歳まで働くことも考えなければなりません。今回は、50代の会計士の転職先はあるのかについて触れています。
転職エージェント

公認会計士の転職でおすすめの転職サイトは存在するのか?

公認会計士が転職する際におすすめの転職サイトについて取り上げたいと思います。初めて転職する方の中には、転職サイトや転職エージェントって何?という方もいるかと思いますので、まずは、転職サービスには転職サイトと転職エージェントの違いについて解説します。
税理士法人

公認会計士の税理士法人への転職

公認会計士は、税理士登録すると税務もできるが、今回は、公認会計士の税理士法人への転職について触れたいと思う。公認会計士は監査法人にいる限り、さほど税務の経験を積めるわけではなく、独立やキャリアを広げるために税務を経験したいと税理士法人へ転職する方も少なからず存在する。
官公庁

公認会計士の公務員への転職

監査法人勤務の後、公務員として転職する方も少数ながらいらっしゃいます。会計士として公務員になるにはどのようなルートがあるのか、どのような転職先があるのか、待遇や魅力はあるのかみていきたいと思います。
官公庁

公認会計士の公務員からの転職 

監査法人に勤めていたときに、意外とみかけたのが、元公務員で働きながら合格して公認会計士になった方です。元銀行員や保険マンについで多かったように思います。公務員が公認会計士を目指す理由やその後のキャリア等について紹介してみたいと思います。
転職のノウハウ

公認会計士の年収~公認会計士の魅力

会計士というとAIに代替される可能性が高い職業として挙げられることも多く、公認会計士試験の受験者数は減少傾向にあります。もちろん年収以外にも魅力がありますが、今回は、公認会計士の年収面の魅力について統計データを元に組織規模別、男女別、年齢別に詳細に書きました。
監査法人

一般事業会社勤務の会計士の監査法人への転職・出戻りってどう?

公認会計士としてのキャリアは、監査法人からスタートして、一般事業会社に転職する場合が多いですが、一般事業会社から監査法人への転職例は多くはありません。 事業会社から監査法人への転職には大きく二つのケースがあるかと思います。監査未経験の事業会社会計士の監査法人への転職と監査法人への出戻りです。
転職のノウハウ

40代の会計士の転職と転職失敗しないためのポイント

一般的に35歳を超えると転職が難しくなるといわれていますが、会計士が例外かというとそうでもありません。40代の会計士の転職は可能なのか、40代の会計士にはどのような転職先が考えれるか、転職で失敗しないためのポイントについて紹介します。
事業会社

監査法人勤務会計士と企業内会計士のワークライフバランスの比較

監査法人勤務会計士の中には、期末監査の繁忙期を経て、ワークライフバランスをもっと充実させたい…と思う方もいるのではないかと思います。ワークライフバランスを充実させるというと大手事業会社の経理部への転職が人気がありますが、果たして本当に事業会社の経理部のワークライフバランスの方が充実しているのでしょうか。
タイトルとURLをコピーしました