転職のノウハウ

転職のノウハウ

公認会計士の専門性・転職についての考え方

会計士の中にも監査法人等のプロフェッショナルファームでキャリアを積んでいくのか、それとも事業会社に転じて、事業のサポートをしていくのかどのようなキャリアを積んでいくことがよいのは、迷ったりする方がいるかと思います。 私は転職活動をしたい際に専門性が高い業務経験を積めるか、企業規模はどうか、業界としての生産性はどうかという観点で見ていました
転職のノウハウ

公認会計士の転職活動~面接対策とよくある質問例

書類選考を無事通過した後は、面接となります。新卒での就活を経験せずに監査法人に就職した方も多いのではないかと思いますので、面接に慣れていない方も多いのではないかと思います。 今回は、公認会計士の転職活動の面接の形態と対策、面接でされる質問について取り上げます。
転職のノウハウ

会計士の実務で英語力は必要か?

公認会計士が監査、税務、コンサル等でそれぞれの実務で必要な英語力についてまとめました。会計士の多くは、英語がそれほど得意ではない人も多く、TOEICでどうやったらそのような点を取れるのかと逆に驚くような人もいました。 それぞれ会計士のキャリア別に必要とされる英語力も変わってくると思うので、キャリア別に必要な英語力について紹介しています。
転職のノウハウ

50代の会計士の転職 年齢的に転職できるのか

50代の会計士の場合、監査法人勤めであれば、パートナーか又はシニアマネージャーの方がほとんどかと思います。昔と比べて年金額も下がっていますし、寿命が伸びていることから65歳、70歳まで働くことも考えなければなりません。今回は、50代の会計士の転職先はあるのかについて触れています。
転職のノウハウ

公認会計士の年収~公認会計士の魅力

会計士というとAIに代替される可能性が高い職業として挙げられることも多く、公認会計士試験の受験者数は減少傾向にあります。もちろん年収以外にも魅力がありますが、今回は、公認会計士の年収面の魅力について統計データを元に組織規模別、男女別、年齢別に詳細に書きました。
転職のノウハウ

40代の会計士の転職と転職失敗しないためのポイント

一般的に35歳を超えると転職が難しくなるといわれていますが、会計士が例外かというとそうでもありません。40代の会計士の転職は可能なのか、40代の会計士にはどのような転職先が考えれるか、転職で失敗しないためのポイントについて紹介します。
転職のノウハウ

公認会計士が転職するのにおすすめのタイミング・時期は?

監査法人勤めの会計士の中には1年中忙しく、いつ転職活動すればいいの?という方もいらっしゃるかと思います。今回は、公認会計士が転職する最適の時期、季節について監査法人の繁忙期やアサインの決定時期、ボーナスの支給時期等から考えてみました。
転職のノウハウ

監査法人で激務に苦しむ会計士がワークライフバランスを充実させる転職のために考えるべきこと

公認会計士登録をして、年次が上がって難しい勘定を担当するようになったり、複数の主査を担当するようになったりすると仕事が集中してきて、私生活を犠牲にして、仕事にすべてをささげていいのか、家庭のことを考えるともっといい職場があるのではないかと考える方も増えてくるのではないでしょうか。仕事と私生活を充実させるためのワークライフバランスを目指した転職だっていいんです。
転職のノウハウ

書類選考に通る公認会計士の職務経歴書の書き方

皆さんは、職務経歴書って書いたことがありますか?新卒で監査法人に就職した方は、履歴書やエントリーシートは経験があることがあるかと思いますが、転職活動が初めての方は、何を書いていいか実はよくわからない方もいるのではないでしょうか。今回は公認会計士の職務経歴書の書き方についてまとめました。
転職のノウハウ

公認会計士の代表的な転職先と年収について現役会計士が解説

会計士の代表的な就職先・転職先としては、監査法人、一般事業会社、コンサルティングファーム、投資銀行、投資ファンド、税理士法人、個人の会計士事務所や税理士事務所・独立開業等が挙げられます。公認会計士の代表的な就職・転職先について紹介しました。改めて列挙してみると選択肢は多く、会計士資格をとるとキャリアの選択肢が広がるといえます。
タイトルとURLをコピーしました