インサイダー規制がある監査法人勤務の会計士ができる資産運用

インサイダー規制がある監査法人勤務の会計士ができるおすすめの資産運用会計士の資産形成

監査法人勤務の会計士は大手事業会社勤務のサラリーマンに比べると給料が高い反面、パートナーになれない限りは退職金や企業年金の面で不安があり、高い給料を活かして資産運用等を通じて自分年金をつくっておく必要があるかと思います。今回は、インサイダー規制や独立性の関係で悩むこともある会計士の資産運用事情について取り上げました。

なぜ監査法人勤務の会計士は資産運用が必要なのか

まず上記で述べたように大手事業会社の退職金や企業年金に比べると老後のサポートが乏しいことが挙げられます。
大手企業の平均退職金は2,500万程度である一方で、監査法人でパートナーに慣れなかった場合は定年まで勤めあげても1,000万程度になります。

又、監査法人で定年まで勤めあげる方は稀で大体が途中で転職することになりますので、退職金を何回かもらうことが多く、そのまとまったお金を遊ばせておくのはもったいないといえます。

監査法人の将来がバラ色かというとそうではなく、今は人手不足でお忘れかと思いますすが、この業界は会計士合格数と採用数のバランスが崩れた時にはリストラをする業界です。

又、AIによる自動化や単純作業の非資格者へアウトソースで単純作業をする人員は減少することが予想されます。そのような状況で将来に対して何ら対策をしないというのは能天気といえるでしょう。

監査法人勤務の会計士のインサイダー規制

資産運用というと真っ先に浮かぶのが、株式投資かと思います。

但し、監査法人勤務の会計士にはインサイダー規制があり、原則個別株の取引は禁止されているか売買するたびに会社への申請、社内システムへの登録が必要であることが一般的です。

会社への届出やインサイダー規制に引っかかるリスクまで追ってあえて個別株を売買するという方はあまりいないのではないでしょうか。

弊法人ではインサイダー取引防止を目的として、子会社を含むすべての構成員に対して金融商品取引法が定める特定有価証券等(すべての上場株式、リート、社債等)の売買を禁止しています。(新日本監査法人HPより引用)

法人ごとにルールが決まっており、自分で関わっているクライアントや同じ事業部のクライアントがダメな法人もあれば、同じ監査法人のクライアントはNG、新日本のように全面的に個別株の売買が禁止されている法人もあります。
監査をしていると経営会議の資料や稟議、契約書等インサイダー情報となる資料にアクセスできますし、クライアントの業績が監査人個人の経済的利益に繋がると、厳しい監査ができないのではないか、独立性が担保できないのではないかといった疑いの目が向けられることから、監査法事が内規で自主的に定めているものになります。
インサイダー取引のみならず、監査法人の場合は、SECの独立性の関係で銀行口座に一定以上預金をしているだけで独立性ルールに抵触していたことが発覚したというニュースがありましたので、注意しすぎてしすぎることはありません。
ただ、監査法人の自主的な規制は、行き過ぎている面もあると思います。
特に過去にインサイダー取引で逮捕者が出ている法人は規制が厳しいですね。
株取引ができないというのは、個人の資産形成に大きな影響を与え、監査法人勤務のデメリットになります。

会計士は、日常的に企業の有価証券報告書や開示書類をみているにも関わらず、アベノミクスで株価が上昇しても指を咥えてみているだけだった方も多いのではないでしょうか。

今回は監査法人勤務の会計士ができる資産運用・自分でつくる年金の作り方について紹介します。

監査法人勤務の会計士はどのような資産運用をやっている?

不動産投資

意外と事務所内でやっている方が多いのが、不動産投資です。
投資用にワンルームマンションをもっている方が多いです。
収入が高く監査法人勤務ということでローンもおりやすく、インサイダー規制もないので、やっている方が多いのではないかと思います。
価値が下がりにくい都心の物件であれば手堅い投資であるかと思います。
ただ、監査法人勤務の傍らで副業としてやるとすると総合課税となり、税金面であまりうま味がないというデメリットがあります。

又、複数の物件をもっていると管理や帳簿をつけるのに意外と手間がかかり、現状の利回りではあまりメリットがあるとはいえません。

不動産投資は、会計士としての収入と信用を担保にレバレッジをかけてなんぼの世界かと思っています。

FX

一部の方がはまっていたのがFXになります。FXもインサイダー規制にひっからずやれる投資かと思いますが、レバレッジをかけてやっていた方で累計で勝っているという方の話はほとんど聞いたことがありません。

大体、あの先輩は数百万FXで溶かしたという話がネタとして現場で話されています。
FXは株式投資と違い、終日場が開いており、PCにずっと貼り付ける方でないと勝率は高くありませんし、忙しい会計士が片手間にやる資産運用としてはあまりおすすめではありません。

投資信託、ETF

投資信託も意外とやっている方が多い投資になります。
投資信託の多くは、指数に連動する形や複数の銘柄に投資しており、インサイダー規制の対象とはなりません。(ただ、特定の銘柄やグループに投資しているものは、対象となる可能性がありますので、内規をしっかり読みましょう。)

手数料がやたら高い投資信託への投資を避ければ、有望な投資先といえるでしょう。
長期分散投資が基本なので、ドルコストで時間も分散していくことと途中で積立を辞めないことが重要です。

監査法人勤務の会計士の投資

監査法人勤務の会計士は年収が高い、インサイダー規制を受ける、忙しく時間はあまりとれないといった特徴があり、特徴を踏まえたおすすめの投資方法を紹介したいと思います。
まず年収が高いということで税率が高くなります。

そのため、総合課税となる不動産投資やソーシャルレンディングといった投資は特定の状況を除いておすすめできず、分離課税となる株式投資がおすすめです。

又、インサイダー規制を受けない商品を対象とするのとあまり手間がかからずほったらしで投資できるというのもポイントになります。
加えて、独立性の関係で監査でサインをしていたり、監査チームのメンバーのクライアントについては、一定額以上の金融資産の預け入れについて規制があったように記憶していますので、独立性の考慮が必要です。
過去、Big4のパートナーが監査先の銀行に一定額以上預けていたということで独立性違反となったニュースがあったように思います。

投資信託やETF、ロボアドバイザーはインサイダー取引に該当するか

まず、日本証券取引所でインサイダーに該当するものをみてましょう。

詳細は必ずご自分の責任で調べてほしいのですが、以下のようにETFや投資信託は原則としてインサイダー取引の対象である特定有価証券等には該当しないとされています。

ETF インサイダー取引 日本取引所グループ

(日本証券取引所HPより引用)

特定の有価証券(例えば、トヨタグループに投資する投資信託等を考えるとわかりやすいと思います)に投資する場合は、その銘柄の占める割合が高いので、特定有価証券等に該当するものもあるというイメージです。

ウェルスナビやTHEO(テオ)といったロボアドバイザーも市場の動きを表す特定のインデックス(日経平均株価、米国のS&P500など)に連動したETFに投資するので、インサイダーに該当しないと思います。
※上記はあくまで私見になります。
各法人に内規があるはずですので、必ずご自分で確認し、自己の責任で行ってください。

インデックス投資

私も含めてやっている方が多いのがTOPIXのような指数に連動するタイプの投資信託やETFに投資する方法です。
インデックスは、多数の企業から構成されており、個々の企業が与える影響は僅かになるので、上記で述べたインサイダー情報や経済的独立性を心配する必要がないのです。
アクティブタイプの投資信託は信託報酬が高いわりには、運用成績が優れないものも多いのですが、指数連動型は購入時も手数料がかからず、信託報酬も安く、おすすめできます。
インデックスは市場平均の成績となるので、株で億万長者のようなことは目指しにくいですが、投資の世界では有名なバフェットも普通の人はインデックス投資がよいと薦めていますし、所得が高い会計士であれば、退職時にインデックス投資でもリタイア時に悠々と生活できるレベルの資産を作ることはさほど難しいことではありません。
毎月一定額を積み立てる形でほったらかしで資産形成ができ、インサイダー規制にもひっかりません。
デメリットとしては、非常に退屈な投資であることとアロケーションを組み替える必要があることです。でも投資は投資をしていることを忘れて、ずっと続けていくことが重要なのです。

インデックス投資をするのであれば、リターンは同様の指数をベンチマークとしているのであれば、コスト以外に差はないので、とにかくコストが低い投資信託やETFを選択することが重要です。
投資信託残高に対してポイントが貯まるSBI証券や楽天証券が無難かと思います。

ロボアドバイザー

上記のインデックス投資は、ポートフォリオのメンテナンスが必要になりますが、もっとめんどくさがりの方にはロボアドバイザーによる投資を考えてもいいでしょう。

最近流行っているのがロボアドバイザーによる投資です。
富裕層向けにラップ口座というものがありますが、資産数億円以上の方になって初めて利用する価値のあるもので一般ピーポーにはコストが高いだけの商品です。

ロボアドバイザーによる投資は、AIに自動でやってもらう代わりに手数料が安くおさえられていることが特徴です。

代表的なのがウェルスナビという商品で以下の特徴があります。

ウェルスナビは簡単な質問に答えることで、許容リスクに応じた自分にあったポートフォリオ(資産の組み合わせ)を提示してくれます。
そのポートフォリオに応じて自動で積立・リバランスをしてくれる一度設定さえすればロボアドバイザーが資産運用のプロセスを全自動でやってくれるサービスになります。

手数料が比較的安い

ラップ口座というと手数料だけで2%以上取られてしまい、長期投資という観点からすると正直な所ぼったくり商品が多いです。

ウェルスナビは、手数料が1%(3,000万を超えると0.5%)と良心的な水準で、投資対象も全世界の低コストETFに投資することで世界経済の成長の果実をコストを抑えながら享受できます。

海外ETFは自分で購入しようとするとまずドルを購入→ETFを購入という流れになり、為替手数料を考えるとまとまった額を購入する必要があり、ウェルスナビを使うメリットになります。
比較的安いといったのは、自分でポートフォリオを管理できる金融リテラシーがあれば、自分でETFかインデックスファンドを購入した方がパフォーマンスはよいからです。

あくまで、その管理に時間をかけるのが惜しいといった方やそのような知識がないという方が使うべきでしょう。

自動リバランス機能・税金最適化機能がある

自分でインデックス投資に積み立てをする場合に面倒なのが、ポートフォリオのリバランスです。

自分で運用していると自分のポートフォリオを定期的に監視し、自分の決めたポーフォリオの構成から乖離が生じた場合、構成比が大きくなりすぎた資産を売却し、小さくなった資産を購入するリバランスという作業がパフォーマンスを上げるために必要になります。

この機能を自動的にやってくれる機能がウェルスナビにはあり、あえて手数料を支払ってウェルスナビ等のロボアドバイザーを利用する価値になります。

又、他のロボアドバイザーと違うのが、ウェルスナビは税金の最適化機能を有していることです。DeTAX(デタックス)という機能で分配金の受け取りやリバランスなどによって生じる税負担の一部または全部を、保有銘柄の「含み損」を実現して「利益」を相殺することにより、税負担を翌年以降に繰り延べる機能で、ウェルスナビの社長によると0.4%~0.6%程度の効果があるといっております。

「DeTAX」(デタックス)の機能により年間0.4~0.6%程度の負担減となるため、事実上のコストはそれよりも少ないものになるでしょう。

この機能が他のロボアドバイザーサービスと比較して明確に有利な点でしょう。

ただ、資産管理に時間をかけるのが惜しく、本業にリソースを集中したいといった方や金融知識に疎いという方にとっては良いサービスかと思いますが、自分でポートフォリオを管理・リバランスできる金融リテラシーがあれば、自分でETFかインデックスファンドを購入した方がパフォーマンスはよいと考えられます。
どちらが合っているか自分の状況と照らして考えましょう。

上記では、会計士ができる資産運用について紹介しましたが、投資は完全に自己責任で、特定の投資をすすめているわけではありません。
ご自分で法人の内規や独立性の規定を参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました