公認会計士

会計士試験予備校

公認会計士試験のおすすめの専門学校・予備校 TAC・大原を徹底比較

公認会計士試験は範囲が膨大で独学で合格することは非常に困難といえる。公認会計士試験の専門学校にはどのような選択肢があり、どこが1番いいのか。TAC、大原、CPA等について授業・テキストの質、サポート体制、費用の観点で比較してみた。これから公認会計士を目指して専門学校を選ぶ方の参考になれば幸いだ。
会計士登録

公認会計士開業登録の手順と会費について解説するよ

公認会計士試験合格後、2年以上の業務補助等の期間があり、3年間の実務補習を受けて日本公認会計士協会による修了考査に合格した後晴れて公認会計士として登録できることとなります。今回は公認会計士登録に必要な書類・手続き・かかる費用についてまとめました。必要な書類は下記のように18種類にもなります。
修了考査

【会計士修了考査】TACと大原の比較 どちらがおすすめ?

会計士の修了考査の際に利用する予備校としてはTACと大原が代表的です。なんとなく、2次試験の時に使っていた予備校を使う方が多いのではないでしょうか。今回の記事ではなぜ私がTACを選んだのかその理由を記載しました
修了考査

公認会計士修了考査のおすすめの勉強法

公認会計士試験に合格した後、実務経験を2年以上積み、補習所を修了すると晴れて修了考査を受験し、会計士登録することになります。合格率は例年7割程度できちんと対策をすれば、受かる試験ですが、適切な対策をしないと落ちてしまいます。ここでは修了考査の勉強方法をまとめました。
タイトルとURLをコピーしました