公認会計士

会計士試験予備校

大阪の公認会計士の予備校・専門学校の一覧

大阪にお住まいで公認会計士を目指そうとしている方向けに大阪に校舎がある公認会計士試験の予備校・専門学校をまとめました。大阪は、東京についで公認会計士試験の受験者が多く、各資格試験予備校も校舎を設けており、資格予備校や通学や通信といった受講形態の選択肢は広くなります。主に大阪駅、梅田駅、難波駅周辺は、資格試験の専門学校が点在しております。
大学

大学生が公認会計士を目指してダブルスクールするって大変?在学中に合格するには

不況になり、就職が厳しくなると人気が増してくるのが、公務員等の安定職や公認会計士等の士業になります。今回は、公認会計士を目指す大学生の方向けに、在学中に会計士合格を目指してダブルスクールを始めるのであれば知っておきたいことをまとめました。
会計士試験予備校

【会計士予備校】東京CPA会計学院の評判、特徴は?

公認会計士試験対策の専門学校として、急速に合格者数を増やしている東京CPA学院(以下、東京CPA)の評判について記載しています。東京CPAといえば、非常に高い合格率が評判ですが、・東京CPAの特徴、メリット・デメリット、他の専門学校との違い・コースの料金について詳細に取り上げていきます。
大学

公認会計士試験合格に大学の学部選びによる有利/不利があるか

大学生の方で公認会計士を目指そうと考えているが、商学部といった会計系の学部でない方の中には、公認会計士試験合格に大学の学部選びが影響があるのか心配している方がいるかと思います。又、これから大学への入学を考えているが、公認会計士の仕事に興味を持っている高校生の方も学部の影響があるのか気になっている方もいるかもしれません。今回の記事では、公認会計士試験合格に大学の学部により有利な点、不利な点があるかについて大学の学部別合格者数についても触れつつ、取り上げました。
大学

法学部出身者が公認会計士になるのは難しいのか? 

法律の勉強をしたくて法学部に進んだが、簿記や会計に触れてみて公認会計士の仕事に興味が出てきた大学生の方法学部に進んだが弁護士よりも公認会計士を目指してみたくなった方等様々な方がいるかと思います。法学部の方で弁護士という選択肢を選ばずに公認会計士を目指す方というのはどうなのか3つの観点から見てみました。
大学

公認会計士試験 大学別合格者数の比較 会計士に学歴は必要か?

これから大学に入学する方や会計士を目指そうと考えている方の中には、公認会計士になりやすい大学はあるのか、学歴が必要なのか気になる方もいるでしょう。公認会計士試験の大学別合格者数をみることで会計士試験に受かりやすい大学はあるのか、又各大学ごとにどのようなサポート体制があるのか、会計士になるのに学歴は必要なのかを見ていきたいと思います。
会計士試験予備校

公認会計士の予備校にかかる費用の比較

今回は、会計士になるために会計士の予備校に通おうと考えている方向けに予備校・専門学校の費用の比較を行いました。会計士の予備校の受講料は40万~70万程度と予備校によりかなりの差があり、経済的な負担も大きいため、なるべく安くしたいものです。学習期間、知識レベル、受講形式の観点から各予備校の受講料金を比較しています。
会計士試験予備校

公認会計士試験に落ちた時、専門学校を変えるべきか続けるべきか

公認会計士試験に残念ながら落ちてしまった場合に、これまで使っていた専門学校を変えるという選択肢も頭に浮かんでくると思います。ただ、専門学校を変えることにはメリットのみならず、デメリットもあることから個々の状況をみて判断する必要があります。今回は、会計士試験の予備校を変えるべきか、変えないべきか判断のポイントを紹介します。
会計士試験予備校

【公認会計士予備校】大原の評判、メリット・デメリットは?

公認会計士大手予備校の1角である大原の公認会計士講座の評判について良い点、悪い点含めて取り上げた。大原の特徴として・専門学校を併設して、全国に展開しており、校舎数が多い・合格者のシェアトップ・テキストはコンパクトで答練重視といったことが挙げられる。
会計士試験予備校

【会計士予備校】クレアールの評判は?

今回は、公認会計士試験対策の専門学校を運営しているクレアールの評判を調査しました。クレアールは、公認会計士対策だけでなく、簿記検定、フィナンシャルプランナー、公務員等の講座を扱う総合資格スクールです。前身の東京商科学院を含め、資格受験指導歴50年の伝統がある資格スクールになります。
タイトルとURLをコピーしました