監査法人

転職のノウハウ

公認会計士の専門性・転職についての考え方

会計士の中にも監査法人等のプロフェッショナルファームでキャリアを積んでいくのか、それとも事業会社に転じて、事業のサポートをしていくのかどのようなキャリアを積んでいくことがよいのは、迷ったりする方がいるかと思います。 私は転職活動をしたい際に専門性が高い業務経験を積めるか、企業規模はどうか、業界としての生産性はどうかという観点で見ていました
監査法人

監査法人でうつになりやすい会計士の特徴と対策

監査法人は、個人的には事業会社に比べるとフリーな環境かと思いますが、うつになる方は意外と多くいます。「監査法人で働いてるけど、なんか疲れてちゃった…」このように感じている人は要注意です。監査法人でも精神的に崩れてしまう人は結構います。今回は、監査法人でうつになりやすい会計士の特徴を紹介します。
監査法人

一般事業会社勤務の会計士の監査法人への転職・出戻りってどう?

公認会計士としてのキャリアは、監査法人からスタートして、一般事業会社に転職する場合が多いですが、一般事業会社から監査法人への転職例は多くはありません。 事業会社から監査法人への転職には大きく二つのケースがあるかと思います。監査未経験の事業会社会計士の監査法人への転職と監査法人への出戻りです。
監査法人

非常勤会計士の方が稼げる?監査法人の非常勤と常勤を比較してみた 

人手不足を受けて非常勤勤務の会計士の時給もあがっており、非常勤で監査をしながら独立する方も増えています。今回は非常勤勤務の会計士と監査法人の常勤の会計士を報酬・ワークライフバランス・キャリアの観点から比較し、どのように非常勤の案件を探すのかまとめてみました。
監査法人

そろそろ監査法人を辞めたいと思う方へ

監査法人5年目で監査にも慣れてきて、インチャージも経験して年収もそれなりになってきたが、繁忙期になると監査法人辞めたいという思いが強くなってくることはありませんか?私も繁忙期には18連勤で何か手続きをしているというよりは後から調書を整備したり、システムに入力したりといった作業をしている時、何のために働いているんだろうとついつい"監査法人 辞めたい"で検索することがありました。
待遇

大手監査法人はまったり高給のホワイト企業?

公認会計士の勉強時は大手監査法人に入所すると20代で1,000万も可能でまったり高給であるという話を聞いてそれを励みに頑張ってきました。実際のところはどうだったかをスタッフ、シニア、マネージャー、パートナーの職位別に書きます。
待遇

大手監査法人の給料、基本給、退職金、福利厚生等についてのまとめ

大手監査法人(新日本・トーマツ・あずさ・あらた)の基本給、年収、退職金、福利厚生、休暇の取りやすさ等の待遇面をまとめてみました。公認会計士をこれから目指す人や勉強中の方、就職難で監査法人に入れなかったが、もう1回チャレンジしたい方の参考になれば幸いです。
監査法人

公認会計士のファーストキャリア~監査法人と事業会社どちらに就職するか

在学中に公認会計士試験に合格した場合、最初の就職先として監査法人と事業会社・一般企業どちらに就職するか書いてみました。
タイトルとURLをコピーしました