会計士転職

事業会社

会計士が事業会社へ転職する際に参考になるサイト3選

会計士が一般事業会社へ転職する際に、どのようなキャリアの方が、何年目に、どのような職種で転職したのか知ることで参考になりますし、転職失敗のリスクを下げることができます。今回は、会計士が事業会社へ転職する際に参考になるサイトを3つ紹介したいと思います。
事業会社

公認会計士の事業会社経理への転職のポイント【組織内会計士】

監査法人から事業会社(一般企業)の経理へ転職される方が若手会計士中心に増えてきました。大規模なリストラがあった2010年前後に比べると企業内会計士という認識も一般的なものになってきましたが、会計士が事業会社経理へ転職するメリットや注意しておきたい点、おすすめのエージェントについて解説します。
事業会社

公認会計士の事業会社の経営企画への転職~経営企画は何でも屋?

事業会社の経理のみならず、経営企画へと転職し活躍している会計士が増えています。BS/PL/CFを一体として読めて、数字の全体感をつかむ素養があるということで企業内会計士として活躍している方も多いです。今回は、会計士の経営企画への転職について取り上げます。
事業会社

公認会計士の内部監査室への転職

公認会計士の事業会社への転職というと経理・財務部門や経営企画への転職が人気で、監査法人に勤務する会計士が次のキャリアとして内部監査への転職を選択することはあまり多くありません。今回は、会計士の内部監査室への転職について考えます。
事業会社

公認会計士が総合商社へ転職するには?

総合商社への転職を希望する会計士は多く、監査法人を経て、総合商社のコーポレート経理部や事業部の経理、リスクマネジメント、投資判断、投資先の評価といった様々な活躍先があります。今回は公認会計士の総合商社への転職についてみていきたいと思います。
会計士転職

20代の公認会計士の転職方法と転職先

20代の公認会計士であれば、終了考査に合格して会計士登録した時点で1回は転職について考えたことがあるのではないでしょうか。20代後半の会計士は、ある程度の経験がありかつ若手の部類に入るということで最も転職市場で需要の高い年代でもあります。今回は、20代の公認会計士の転職の特徴、人気のある転職先と転職方法ついて書きました。
会計士転職

30代の公認会計士の転職と成功のポイント

30代の公認会計士の方で監査一筋でやってきたが、今まで監査しかやってこなくて監査に飽きてきた、今後会計士の需給が反転したときに監査経験だけだと雇用が心配な方色々いらっしゃるかと思います。30代の会計士の需要や転職理由、転職を成功させるためのポイントに触れたいと思います。
監査法人

公認会計士が転職するのに最適な年齢・タイミングは?

修了考査が終わり、公認会計士として登録したタイミングで次のキャリア・転職について考え始める方が多いですが、会計士が転職するのにベストなタイミングはいつなのか、主査を務めてからの方がいいのか、マネージャーとしてキャリアを積んでからの方がいいのか色々な考え方があるかと思います。今回は会計士の転職タイミングについて書きました。
転職エージェント

北海道で会計士が転職する場合の転職エージェント

北海道は、全国展開している大手エージェント以外だと中々北海道に拠点があるエージェントがない地域で東京に比べると転職活動がしにくい地域になります。今回は、北海道在住の会計士の方が転職活動をするのに活用できるエージェントを紹介したいと思います。
転職のノウハウ

監査法人で激務に苦しむ会計士がワークライフバランスを充実させる転職のために考えるべきこと

公認会計士登録をして、年次が上がって難しい勘定を担当するようになったり、複数の主査を担当するようになったりすると仕事が集中してきて、私生活を犠牲にして、仕事にすべてをささげていいのか、家庭のことを考えるともっといい職場があるのではないかと考える方も増えてくるのではないでしょうか。仕事と私生活を充実させるためのワークライフバランスを目指した転職だっていいんです。
タイトルとURLをコピーしました