会計士転職

監査法人

そろそろ監査法人を辞めたいと思う方へ

監査法人5年目で監査にも慣れてきて、インチャージも経験して年収もそれなりになってきたが、繁忙期になると監査法人辞めたいという思いが強くなってくることはありませんか?私も繁忙期には18連勤で何か手続きをしているというよりは後から調書を整備したり、システムに入力したりといった作業をしている時、何のために働いているんだろうとついつい"監査法人 辞めたい"で検索することがありました。
FAS

【デューデリジェンス】FASに転職する場合のおすすめ書籍

監査にはそろそろ飽きたし、FAS、デューデリジェンスになんとなく興味があるという方は転職活動をする前に書籍でまず読んでみてどんな業務を行っているのか、自分が興味が持てそうな領域か把握しておいた方が効率よく活動できますし、転職理由にも説得力が生まれてくるので、まず基本的事項を抑えておくことをおすすめします。
FAS

【FASへの転職】会計士が監査法人からFASへ転職するには?

監査法人で監査業務を5,6年経験すると一通り監査のことが分かってきて次のステップを探す会計士も多いかと思います。監査法人からの転職先で最近多いのはBig4系のFASへの転職です。監査法人からの転職で今までの経験を活かしつつ、年収を上げられる転職先として知り合いにも転職している方が多くいます。
転職エージェント

会計士が転職でジャスネットキャリアを使ってみた感想と評判

私は複数回転職をしているのですが、転職の際にジャスネットをつかっています。ジャスネットは会計士であれば、知っている方も多いエージェントですが、一般的な知名度は低いエージェントです。実際に会計士である私が転職活動の際にジャスネットを使ってみた感想や周りから聞いた評判及びデメリット・メリットをまとめました。
転職エージェント

公認会計士のおすすめ転職エージェント6選

私が転職活動した際の経験を踏まえて会計士のおすすめエージェントを紹介したいと思います。大手と公認会計士や経理財務等の専門特化型エージェントがありますが、この業界に行きたいと明確に方向性が決まっていない場合や初めて転職する場合は複数のエージェントに登録することをお勧めします。
事業会社

【会計士転職】外資系、国内大手企業等の事業会社の待遇について

会計士が転職する場合、事業会社の待遇が気になる方もいるではないかと思います。今回は、事業会社の待遇について書いてみました。事業会社といっても大きく外資系と内資系に分かれますし、大手企業とベンチャー企業で給与体系の特徴も異なります。
コンサルティング

会計士のコンサルタントへの転職【戦略コンサル・会計コンサル】

今回は会計士のコンサルティング会社への転職に焦点を当てていきたいと思います。その中でも、会計士の戦略コンサルティングや総合コンサル及び会計コンサルへの転職、求められる経験・年収・待遇・職場環境について触れたいと思います。
会計士転職

事業会社の経理に要求される知識・スキル

事業会社で働いてみて、事業会社に需要があると考えられる経理財務のスキル・人材を記載します。事業会社への転職を考えている監査法人勤務の会計士の方は、意識において日々の仕事をこなしてみるといいかもしれません。
会計士転職

転職した会計士の事業会社での仕事内容

一般事業会社・一般企業における転職した企業内会計士の主な仕事内容(連結決算・個別決算・管理会計・経営企画・税務・財務・内部監査等)について記載しました。転職を考える際の参考にしていただければと思います。
転職のノウハウ

公認会計士の代表的な転職先/キャリアと年収について現役会計士が解説します

会計士の代表的な就職先・転職先としては、監査法人、一般事業会社、コンサルティングファーム、投資銀行、投資ファンド、税理士法人、個人の会計士事務所や税理士事務所・独立開業等が挙げられます。公認会計士の代表的な就職・転職先について紹介しました。改めて列挙してみると選択肢は多く、会計士資格をとるとキャリアの選択肢が広がるといえます。
タイトルとURLをコピーしました