公認会計士試験

大学

法学部出身者が公認会計士になるのは難しいのか? 

法律の勉強をしたくて法学部に進んだが、簿記や会計に触れてみて公認会計士の仕事に興味が出てきた大学生の方法学部に進んだが弁護士よりも公認会計士を目指してみたくなった方等様々な方がいるかと思います。法学部の方で弁護士という選択肢を選ばずに公認会計士を目指す方というのはどうなのか3つの観点から見てみました。
会計士試験予備校

公認会計士の予備校にかかる費用の比較

今回は、会計士になるために会計士の予備校に通おうと考えている方向けに予備校・専門学校の費用の比較を行いました。会計士の予備校の受講料は40万~70万程度と予備校によりかなりの差があり、経済的な負担も大きいため、なるべく安くしたいものです。学習期間、知識レベル、受講形式の観点から各予備校の受講料金を比較しています。
会計士試験予備校

会計士試験に落ちた時、専門学校を変えるべきか続けるべきか

公認会計士試験に残念ながら落ちてしまった場合に、これまで使っていた専門学校を変えるという選択肢も頭に浮かんでくると思います。ただ、専門学校を変えることにはメリットのみならず、デメリットもあることから個々の状況をみて判断する必要があります。今回は、会計士試験の予備校を変えるべきか、変えないべきか判断のポイントを紹介します。
会計士試験予備校

【公認会計士予備校】大原の評判、メリット・デメリットは?

公認会計士大手予備校の1角である大原の公認会計士講座の評判について良い点、悪い点含めて取り上げた。大原の特徴として・専門学校を併設して、全国に展開しており、校舎数が多い・合格者のシェアトップ・テキストはコンパクトで答練重視といったことが挙げられる。
官公庁

公認会計士の公務員からの転職 

監査法人に勤めていたときに、意外とみかけたのが、元公務員で働きながら合格して公認会計士になった方です。元銀行員や保険マンについで多かったように思います。公務員が公認会計士を目指す理由やその後のキャリア等について紹介してみたいと思います。
会計士試験予備校

公認会計士の予備校の通信講座を徹底比較 

公認会計士を目指そうと考えたものの、大手から中小まで様々な予備校・専門学校があり、どの予備校を使うのかで迷う方もいるかと思います。そこでまず通信講座のメリット・デメリットを取り上げたうえで大原、TAC,CPAといった会計士専門学校を比較しました。
耳栓

会計士試験や簿記試験でおすすめの勉強用耳栓

会計士試験や簿記検定を受験すると周りに電卓豪打マンがいて、あまりにもうるさくて集中できない可能性もあります。今回はそのようなリスクを軽減するために会計士試験におすすめの耳栓を紹介します。人によってあった耳栓は、その目的やその人の騒音の許容度によって変わりますので、タイプ別に記載しています。
電卓

公認会計士試験・簿記検定におすすめ電卓

あまり電卓を使わない方は、電卓なんてそんなに差がないんじゃないの?と思う方もいるかと思います。しかし、公認会計士試験や簿記検定を受験する場合、電卓の性能が計算スピードに直結し、少しの差で合否をわけることもあります。今回は、公認会計士試験や簿記検定を受験する場合におすすめの電卓をまとめました。
会計士試験予備校

公認会計士試験のおすすめの専門学校・予備校 TAC・大原を徹底比較

公認会計士試験は範囲が膨大で独学で合格することは非常に困難といえる。公認会計士試験の専門学校にはどのような選択肢があり、どこが1番いいのか。TAC、大原、CPA等について授業・テキストの質、サポート体制、費用の観点で比較してみた。これから公認会計士を目指して専門学校を選ぶ方の参考になれば幸いだ。
タイトルとURLをコピーしました