会計士

事業会社

会計士が事業会社へ転職する際に参考になるサイト3選

会計士が一般事業会社へ転職する際に、どのようなキャリアの方が、何年目に、どのような職種で転職したのか知ることで参考になりますし、転職失敗のリスクを下げることができます。今回は、会計士が事業会社へ転職する際に参考になるサイトを3つ紹介したいと思います。
事業会社

公認会計士が総合商社へ転職するには?

総合商社への転職を希望する会計士は多く、監査法人を経て、総合商社のコーポレート経理部や事業部の経理、リスクマネジメント、投資判断、投資先の評価といった様々な活躍先があります。今回は公認会計士の総合商社への転職についてみていきたいと思います。
会計士転職

20代の公認会計士の転職方法と転職先

20代の公認会計士であれば、終了考査に合格して会計士登録した時点で1回は転職について考えたことがあるのではないでしょうか。20代後半の会計士は、ある程度の経験がありかつ若手の部類に入るということで最も転職市場で需要の高い年代でもあります。今回は、20代の公認会計士の転職の特徴、人気のある転職先と転職方法ついて書きました。
会計士転職

30代の公認会計士の転職と成功のポイント

30代の公認会計士の方で監査一筋でやってきたが、今まで監査しかやってこなくて監査に飽きてきた、今後会計士の需給が反転したときに監査経験だけだと雇用が心配な方色々いらっしゃるかと思います。30代の会計士の需要や転職理由、転職を成功させるためのポイントに触れたいと思います。
監査法人

公認会計士が転職するのに最適な年齢・タイミングは?

修了考査が終わり、公認会計士として登録したタイミングで次のキャリア・転職について考え始める方が多いですが、会計士が転職するのにベストなタイミングはいつなのか、主査を務めてからの方がいいのか、マネージャーとしてキャリアを積んでからの方がいいのか色々な考え方があるかと思います。今回は会計士の転職タイミングについて書きました。
会計士転職

会計士の転職の方法と転職活動の流れ

初めての転職活動を考えている会計士の方に知っておきたい転職の基礎知識と転職の流れをまとめました。会計士の転職方法には、大きくリファレンスによる採用、自力で求人を探す方法、転職エージェントを利用する方法があり、それぞれメリット・デメリットがあります。
会計士の資産形成

インサイダー規制がある監査法人勤務の会計士ができる資産運用

監査法人勤務の会計士は大手事業会社勤務のサラリーマンに比べると給料が高い反面、パートナーになれない限りは退職金や年金の面で不安があり、資産運用等を通じて資産形成をしておく必要があるかと思います。今回は、インサイダー規制や独立性の関係で悩むこともある会計士の資産運用事情について取り上げました。
監査法人

公認会計士のファーストキャリア~監査法人と事業会社どちらに就職するか

在学中に公認会計士試験に合格した場合、最初の就職先として監査法人と事業会社・一般企業どちらに就職するか書いてみました。
タイトルとURLをコピーしました